スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短い命


東京と聞くとまずはどこを思い浮かべるのか。
東京駅・国会議事堂・皇居・渋谷・原宿・新宿

今回ご紹介するのは、新宿駅から山手線で1駅の
代々木駅に隣接する古いビルです。

傷だらけの天使というドラマで撮影に使われたビルのようで
ファンの方にとっては聖地といえる場所。
代々木会館。
仕事上、東京のあちこちに作業着で出没する私は
今回、ビルの調査に来た作業員という立場で
このビルの内部に潜入した。

設備的に見ても、年月から見てもそう遠くない未来
再開発やら老朽化という名目で壊されてしまう。

CIMG0739.jpg

横開きの窓、時代を感じさせる袖看板、増設に増設を重ねたダクト
窓枠に無理に固定された空調の室外機、ツタの絡まった外壁
今にも剥がれ落ちそうな屋上の転落防止フェンス
どこを撮っても、周りの景色には一切交わらない。

CIMG0744.jpg

現在このビルで稼働中のテナントは1階の飲食店と3階?の謎の本屋のみ。
ほかのテナントはすでに廃業・移転済みのようである。

CIMG0745.jpg


1階の正面入り口を入ると最盛期だったころの、店看板が出迎ええくれる。
少し落書きもあるが、比較的きれいな状態のままといった印象を受けた。

CIMG0747.jpg

飲食店が多かったようです。
駅から徒歩1分の立地ということもあり
昼間はサラリーマンがランチに
夜にはランチをしていたお店で飲み会を
といった感じか。

CIMG0749.jpg

少し調べたところ看板は1979年にはすでにあった模様。
消火器の箱も恐らく竣工当初から。さすがに中身は更新されてないとまずいが…

CIMG0750.jpg

これは2階の鉄扉。
施錠されており室内へは入れなかった。

CIMG0751.jpg

皆様が記事に挙げている物件にばかり行くので
どうしてもほかの人がなかなか目につけないものを
写真に収めたい衝動に駆られて
いつもブレーカーの写真を撮ってしまう。
奥多摩のロープウェイほどではないがこちらも
古いタイプのつくり。
CIMG0743.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。