スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

府中トロポサイト


非常にお久しぶりの執筆となります。
もう、閲覧してくれている方もいないかもしれませんが
頑張ります。

本日(10/10) 東京都府中市にある元基地へ行ってまいりました。
マニアの方々の間では知らない人はいない【府中トロポサイト】です。

巨大なパラボラアンテナが特徴の物件で、そのほかにも貴重な
資料や物が転がっておりとても興奮するスポットです。

早速写真をご紹介していきたいと思いま。

CIMG0670 (800x600)
管理の方達は恐らくここから出入りしていると思われる。

CIMG0671 (800x600)
【わ】の文字が消えている。かなり古そう…

そしてこの建物の終わりを知ることとなる。

CIMG0674 (800x600)
解体のお知らせである。
建設会社が掲示している内容によると吹き付けの石綿が使用されているとのこと
当たり前っちゃ当たり前。古い年代の建物だもの。
残してくれればいいのに、倒壊の恐れもあるからだと思うけど
非常にもったいないなぁ、と終始落ち込んでおりました。

CIMG0675 (800x600)
足場をかけられてる。

CIMG0679 (800x600)
こちらの建物はまだ無事ですが恐らく来週には足場がかけられます…
まだ中にも入れてないのに、惨敗感が…
CIMG0681 (800x600)
悔しかったので少しだけお邪魔させていただいた。
柵の向こうにはいっていない。アパートの駐車場からのアクセスなので
人目がかなり危ない。

CIMG0682 (800x600)
内壁もかなり剥がれ落ちている模様。味だ味。

CIMG0685 (800x600)
ほかにも同じ好き物な方が公園で写真を撮っていた。
心からこのアンテナだけは残してほしいと願っている。

CIMG0689 (800x600)
直径13~14mもあるパラボラアンテナ。
詳しい説明は控えるが簡単に説明すると
仙台にも同じようなものがあって、やりとりをしていた。
CIMG0698 (800x600)
荒れ果てた倉庫内。

CIMG0700 (800x600)
もう電気はきてない。


きっと近いうちに、必ずもう一度会いに来る。
もっと万全な体制でね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。