スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千早洞

廃が好きになった原因はおそらくこのトンネルを訪れてからだったと思う。
じぶんが18になった誕生日の日に
父と当時付き合っていた彼女と三人でこのトンネルを探しに出かけた。
が、その日には見つけれなかた。
そして明くる日地図とにらめっこをしていると
千早トンネルの上に )( こんなマークがあった。
見つけたあああああ!!心の中でガッツポーズをし
服を着替えて出発。
R309をひた走り、府道705号線に入ると金剛山への道となる。
しばらく峠道を走り 千早トンネルを左折。
一つ目のカーブを曲がり右折するとウェブで見たトンネルへの道があるではないか!
NEC_0119.jpg
入口に虎ロープが掛かっていたが少し緩めて魔法で侵入

こんな石像があった。
NEC_0118.jpg
首塚ってなに?w怖いおw

300メートル道なりに林道を進んだところで緩やかに右にカーブします。
と、カーブしたとたん目の前に威圧感たっぷりの千早洞を発見。
慌ててバイクを降りて撮影。
NEC_0120.jpg
少し落ち着いてから近寄って撮影をしてみました。
NEC_0121.jpg
しかし、全然落ち着いてなく画面ぶれまくりでしたorz

現在このトンネルに行くには意図的に盛られた小山を乗り越えなければなりません。
やはり歴史的建造物保護のためでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。