スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良県 三盛鉱山

初めまして。
大阪府を拠点に各地の廃を訪れてます。
あきらと申します。
今回凸に乗り切ったのは、奈良県の御所市にある鉱山跡地
三盛鉱山です。
Wikiにて近畿県内の鉱山を見ていたところ
比較的近場に見つけたので行ってまいりました。
では、スタート。

奈良県御所市朝町に鉱山跡があると知って
居ても経ってもいられず、某HP様を参考にして
凸に行ってきた。
R309から奈良県に入り、しばらく直進すると
R24にぶつかる。
交差点を右折して約1.3キロ道なりに進んでいくと
左手にセブンイレブンがあるのでその交差点を右折。
県道215号線を道なりに1キロ弱走ると

このような場所に出てくる
行き道1
これを右折すると
NEC_0001.jpg
このようなバイパスに繋がるので道なりに。

道なりに走っていくと、見通しの良い直線に出ます。
NEC_0003.jpg
この道を500メートルほど進むと目の前に橋
右側が開けた場所になり農道があるので登っていく。
NEC_0004.jpg
この写真は帰りに撮っているので実際には右側に山 左側に平地をみて進んでいく。
車は手前の道路に止めておくのが一番近いと思う。
3分ほど農道を進むと、こんな場所に出る。
NEC_0019.jpg
ここでバイクを置いて、あとは登山である。
バイクの前輪が向いている道を少し進むと
丸木橋が草に隠れてある。
NEC_0018.jpg
実際にはこの丸木橋を渡るのではなくて少し右にある
下り坂を降りて川の真ん中に置かれた石を渡っていく。
川を渡ったらこのような傾斜角の坂を登る。
NEC_0017.jpg
先人様たちが踏み固めてくれた、獣道を登りきり
開けた場所で一枚撮影。
NEC_0016.jpg
道なき道を進んで行き右手にがけ崩れのような場所があるのだが
崖の石が全体的に青い。
水色に近い色の崖が見える。
NEC_0015.jpg
ズリ場が崩れたのだろうか?

そして、このような道を突き進んでいく。
NEC_0012.jpg
しばらくハァハァ言いながら上り、周りを見渡すと
ようやく左手に坑道入口を発見できた。
NEC_0011.jpg
興奮しながら坑道におじぎをして
いざ入坑!!と意気込んで中を覗くと
入口1mほどが水没している。
NEC_0009.jpg
しかし奥にはモッコのようなものが見えている。
どうする?と一人で悩んでいた。
この日の装備で入抗して大丈夫なのか?と
鉄心入り安全ブーツにニッカポッカを履き
革ジャンを羽織ってはいたが、鉱水には何が混ざっているかわからないと
某HPで読んだ記憶がありこの日は入坑断念...
他の抗口を探すために登山を再開。
20分ほど登り続けたが倒木により行き止まり。
NEC_0008.jpg
帰りに施設跡を数枚写真に収めた。
おそらく選鉱場だと思うがなんなのかよくわかんない。
NEC_0013.jpg
施設跡上部から水槽のようなものを撮影。
NEC_0006.jpg

次回凸時には必ず装備を強化して入坑します!

鉱山跡は非常に危険な場所であるとともに
古き日本の歴史でもあるので
訪れる際は自己責任で
ゴミを絶対に出さないように!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。