スポンサーサイト

塩家鉱山 坑口

さて、撮り忘れていた塩家鉱山の坑口の写真。ブログを見てくださったH様がメールで写真を送ってくれたので紹介しようと思う。H様撮影辺りは雪が積もっていた。H様撮影写真ではいまいち傾斜角の凄さが伝わりにくいですが確かこのときH様は木の根元に足を置いていたと思う。ということで坑口紹介でした!写真を提供してくださったH様ありがとうございました。...

塩家鉱山

では、1月4日最後に訪れた鉱山跡を紹介しようと思う。とある鉱山・三盛鉱山をんうぇい歩いたが、今回紹介する塩家鉱山は自分の人生の中でベスト3に入るであろう登山とともに発見できた。昭和坑口を後にした僕とH様は、金剛山へ向かった。私道のような道を通りR24から県道30号線へと出た。少し走り川沿いに車を止めて、登山を開始。H様は今回で4度目になると仰っていた。3度目に来たとき、ようやくズリを発見したのだそうだ。そして...

三盛鉱山 昭和坑口

ひとつ前の記事で紹介した鉱山を後にして、H様の車にて次の場所へと向かった。『昭和坑口』である。坑道内は水没しているため入坑はしていない。外からの写真だけどうぞ。坑口紹介はここまでで、ここからはとあるすごい人の話と石を紹介しようと思う。すごい人というのが、自分自身で鉱脈をみつけ、いま現在坑口を開発しているのだ。もちろんダイナマイトなど使えないだろうから、手掘りで。ここでもアーセ(ryが見つかった。僕は...

とある鉱山。

さて、新年一発目の鉱山訪問ですが、今回は訳有って場所を公開することができません。①鉱石採集の方々への迷惑。②仮に鉱山跡で死んでしまっても発見が遅れてしまう。③死体が見つかった時点で鉱山は坑口を閉じられてしまう恐れあり。と言う訳で、今回の鉱山は名前を出せません。それではスタートです。前から近くにあるのに見つけられなかった鉱山があった。いくら検索しても鉱石のことは幾つかHITするのに、坑道に関しては皆無に等...

明けましておめでとうございます。

本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。皆様の今年一年の安全を願っております。決して無理はせず、引き際を見定めてこれからも事故なく、廃を愛でて行きましょう。今年訪れたい物件は竜神鉱山 五條鉱山 五代松鉱山 千早鉱山 塩家鉱山 R371沿いのドライブインの廃墟一龍旅館 犬鳴山の廃村梨の木トンネルと上げていけばきりがないのですが一つでも多く訪れてリポを書ければなと思っています。では。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。