スポンサーサイト

堀切トンネル~本編2~

さて、前回の探索で見つけれなかった反対坑口を今日は見つけてきた。昼過ぎに父の車のタイヤ交換を済ませ馴染ませるためと空気圧を入れにガソリンスタンドへ行った帰りしなにTAXに寄ってジムニーを見ていた。ウチのエスクードは只今4WDに入らない病気に掛かっていてお店のお兄ちゃんに相談し修理することに。代車としてきた11年式ジムニー。さっそく試乗がてら堀切へ。左に写っているのは運転手の父。切り通しまではこの間の記事で...

流谷トンネル

今回訪れたのは、過去に偶然発見した林道途中にあるトンネルである。トンネル名は林道の名前から勝手に名付けたので、正確名を知っている方は教えてください!R371を和歌山方面へ向けて走る。バイパスと合流後、信号を右折し少し走ると左手にこのような廃墟がある。いずれは訪れたい物件の一つである。R371を道なりに和歌山方面へ向け走ると出合ノ辻という交差点があるのでそれを右折する。写真は右折直後に撮ったもの。先に見えて...

普段の凸車

今回は、少し趣旨は違うが普段の 凸・探検 に使っているバイクを紹介しようと思う。完全に自己満足の範囲ですw半年ほど前までは、YAMAHAのDT50という原付オフロードバイクでいろいろな林道や穴を探検していた。しかし、車との正面衝突によりフロントフォークは愚か、バイク本体のフレームまで曲げてしまい走行不可能となり、バイク屋にて泣く泣く廃車にした。そして、その代役として選ばれたのがよく写真に写っている青い奴。Jazz...

堀切トンネル 〜本編〜

今日仕事が終わってから一旦家に帰り堀切トンネルへ行ってきた。もともと走り慣れた道+くるまみち管理人様に地図をいただいていたので、案外すんなり着くことができた。走りなれたR309をひたすら千早方面へ向け直進する。近隣住民の方々の迷惑を考慮し、いきなり入口から10mほど登ったところの写真になりますが、ご了承ください。写真で見るよりもかなり急勾配で、75㏄(非公認)のエンジンを積んだウチのJAZZ太郎でも2速でエンジ...

堀切トンネル 〜序章〜

千早洞 細川柱本トンネル 旧芝山トンネルと廃隧道をこれまで紹介してきた。もっと他に廃隧道はないものかと、調べていたところ何やら怪しい名前の廃隧道を見つけた。その名も≪至体通天≫まぁこの名前は正確ではなく、本来は至≪誠≫が正しいみたい。しかしこの名前はあまりしっくりこないので、この隧道を発見することになった【くるまみち】様の写真にあった≪堀切≫という名を使おうと思う。だが、実はまだこの隧道には足を運んでいな...

大阪府道704号線

今回は私情により二度と行けなくなった、府道704号線を紹介しようと思う。昔の話なので、写真はかなり少ない。この府道、林道走行者にはかなりもってコイの道でして。初心者は奈良県側からアタック。上級者(怖いもの知らず)は大阪側からアタックします。初めて行ったときは師匠とも言えるぺけ様と一緒に奈良県側からだった。この分岐を右手側に進んでいく。まぁなぜコースが分かれるかというと道の途中が階段になっている。階段は...

千早洞2

前回の千早洞ではお見せできなかった写真をいくつか撮影し直してきました。まずは全体。前回写真を撮った時から既に2年ほどの歳月が経っていました。入口付近は大して何も変わっておりませんでした。トンネルの額逆さまからの文字がなんともイイ感じです。洞内を柵から携帯をねじ込み撮影。これを撮影し得いる途中に異変に気づく。腐敗臭がするではないか・・・ってことで退散してまいりました。反対側は産業廃棄物処理会社なので...

三盛鉱山 2

さて、前回の凸で入れなかった坑道内に今日は父と行ってきた。結果から書くと発見した穴は狸掘りで10mほどで行きどまっていた。入坑入口はしゃがまないと入れない。坑道内にはコウモリが数匹いた。坑道内足元には枕木のようなものがある。入口岩盤にはびっしりとキラキラ光る鉱石がついていた。そして今日持ち帰った石。...

細川 芋谷トンネル

今日は和歌山県橋本市にある手彫りトンネルへいってきた。タイトルは俗称で本来の名前は定かではない。トンネルの説明は途中でおこなうことにしよう。では、スタート。R371を和歌山方面へ向けて走ること数十分。紀見峠を越えるために作られた紀見トンネルがある。紀見トンネルを抜けるとこのような交差点がある。この交差点を左折し、しばらく道なりに走ると看板が立てかけてある。看板には【この先1.4km通行止】と書いてある。こ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。