スポンサーサイト

関東廃巡り【第1戦】

去年の春。某ビル管理会社に就職した僕は十数人の同期とともにそれぞれの現場へと配属された。その同期の中に、仲のいい奴が一人いた。バイクが好き。この一つの共通項で人間仲良くなれるものなんだと改めて感じさせられていた。そんな同期をだ。言葉巧みにだまし必要最低限な目的地のみを教えて今回連れ出すことに成功。「どこにいくの?」『東京の端っこのニッパラ街道よ』「ここからどれくらい?」『2時間かかんねえくらい』会...

堀切随道 内部編

とある鉱山、三盛鉱山を後にして次は堀切へと向かった。昨年の冬に封鎖されていない側へのアクセスに成功したが携帯のスペックが悪く撮影できなかった内部を紹介しようと思う。今回は枝などがあまりかぶさっていない。といっても邪魔ではあるが・・・コンクリート巻きが終わった地点から撮影岩盤は荒く掘られている。少し進んで撮影。周りの壁に虫がいないか確認しながら進むと偶然発見できた、トンネル作成時の傷跡穴 を発見した...

堀切トンネル~本編2~

さて、前回の探索で見つけれなかった反対坑口を今日は見つけてきた。昼過ぎに父の車のタイヤ交換を済ませ馴染ませるためと空気圧を入れにガソリンスタンドへ行った帰りしなにTAXに寄ってジムニーを見ていた。ウチのエスクードは只今4WDに入らない病気に掛かっていてお店のお兄ちゃんに相談し修理することに。代車としてきた11年式ジムニー。さっそく試乗がてら堀切へ。左に写っているのは運転手の父。切り通しまではこの間の記事で...

流谷トンネル

今回訪れたのは、過去に偶然発見した林道途中にあるトンネルである。トンネル名は林道の名前から勝手に名付けたので、正確名を知っている方は教えてください!R371を和歌山方面へ向けて走る。バイパスと合流後、信号を右折し少し走ると左手にこのような廃墟がある。いずれは訪れたい物件の一つである。R371を道なりに和歌山方面へ向け走ると出合ノ辻という交差点があるのでそれを右折する。写真は右折直後に撮ったもの。先に見えて...

堀切トンネル 〜序章〜

千早洞 細川柱本トンネル 旧芝山トンネルと廃隧道をこれまで紹介してきた。もっと他に廃隧道はないものかと、調べていたところ何やら怪しい名前の廃隧道を見つけた。その名も≪至体通天≫まぁこの名前は正確ではなく、本来は至≪誠≫が正しいみたい。しかしこの名前はあまりしっくりこないので、この隧道を発見することになった【くるまみち】様の写真にあった≪堀切≫という名を使おうと思う。だが、実はまだこの隧道には足を運んでいな...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。